サイトのタイトル

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2017年も宜しくお願い致します。 | main | UNDERCOVER / JUNYA WATANABE MAN 2017SS START >>
GANRYU 2017SS START

いつもRACOStAR BLOGをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

 

スタッフの牟田です。

 

 

皆様、年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか。

 

当店にも、日ごろからご愛顧頂いている方々や、

帰省されている方々、沢山のお客様にご来店頂きました。

 

何時もありがとうございます。

 

 

さて、NEW YEAR SALEも盛り上がりを見せている最中、

店頭で一足早く17SSが立ち上がったGANRYU。

 

今シーズンでラストコレクションということも相成って、

入荷から大変ご好評頂いています。

 

第一弾の入荷は、コレクションでも注目を集めていた

色彩豊かなカラーアイテムや、ブランドの得意とするデニム生地を用いたアイテムの数々。

 

今回は、中でも「GANRYUの代名詞」とも言える定番アイテムを

ご紹介していきたいと思います。

 

 

GANRYU  /  エステルコットンポプリンロングコーチジャケット  ¥37,800

 

生地の違いや、時にはテーラードジャケットやライダースとのMIXで、

ほぼ毎シーズンの様にブランドからリリースされており、

GANRYUのアウターを語る上で必要不可欠な存在となったコーチジャケット。

 

今シーズンはコットンポリエステル生地を使用したロング仕様でリリース。

 

旬なビビットカラーが目を惹く

このコーチジャケットの最大の魅力は、着用時のシルエット。

 

フロントから見た際の、ステンカラーコートを羽織っているかのような

クリーンな佇まいに対し、サイドから見たシルエットは

バックに施された大きめのタックにより

Aラインにふんわりと広がるゆるやかな仕上がりに。

 

裾にはドローコードを配置することでボリューム調節が可能。

 

裏地にポリエステル生地を使用したりと、

ミニマルなデザインながら細部に至るまで拘りが見られます。

 

 

この手のライトアウターは使えるスパンが長く、

メインアウターとしては勿論の事、

ジャケットやブルゾンとのレイヤードを楽しめるのも嬉しいポイント。

 

 

スポーティーな定番のコーチジャケットを、

ブランドらしいアプローチで大人な空気感が加えられた

新感覚の一着です。

 

 

 

 

 

 

GANRYU  /  綿セルビッジデニムサルエルパンツ(INDIGO)  ¥30,240

 

GANRYUの名を一躍有名にさせた、

ブランド開始当初から毎シーズンリリースされているデニムサルエルパンツ。

 

一目見てGANRYUのアイテムだと分かるほど認知度が高く、

根強く定評のある「GANRYUと言えば」なアイテムです。

 

通常のサルエルパンツとの違いは、

レングスの内側のみをサルエル仕様に切り替えているため

外側はストレートシルエットにっており、

デザインアイテムながらも男らしさを保っている

独特のシルエットが人気の秘訣。

 

毎シーズン微調整が加えられており、

今シーズンは16AWより導入されたウエスト内側にベルトループ、

ウエスト両サイドにアジャスターを付属した仕様に。

 

16AWではアジャスターの色がカーキ一色で統一されていましたが、

今季はボディカラーと同系色の色がそれぞれ採用されています。

 

また、今シーズンのものは

従来のものより若干デニム地の張りが強く、

膝下からのストレートラインの幅がやや細身になっているため、

脚線がより美しく仕上げられています。

 

正に、ブランドの集大成とも言える一本ですので

是非とも1本は押さえておいて頂きたいアイテムです。

 

 

 

様々な思考錯誤を経て進化を遂げながら完成した

GANRYUの代名詞的アイテム達。

 

是非お見逃しございませんようお早目にご覧ください。

 

 

 

 

 

 

RACOStAR
095 822 2198

racostar@plum.plala.or.jp
Instagram(http://instagram.com/racostar_racostar2nd#)