サイトのタイトル

<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
"MINEDENIM" 取扱いスタート

いつもRACOStAR BLOGをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

 

スタッフの牟田です。

 

 

 

先週末はUNDERCOVER × VANS コラボスニーカーが予想を上回る大盛況で、

沢山のお客様にご来店頂きましてありがとうございます。

 

同時開催していたUNDERCOVER 2017AW 先行受注会もお陰様でご好評に終わり、

UNDERCOVERウィークが過ぎ去って店内にも少し落ち着きが戻ってきました。

 

 

というのも束の間、MISTERGENTLEMANや

N.HOOLYWOODからも続々と新商品の入荷があり、いよいよ春夏本番という雰囲気に。

 

両ブランド目玉アイテムが勢揃いで、一早くご紹介させて頂きたいのですが・・・。

 

 

今回は、今シーズンよりRACOStARにて取扱いがスタートした

噂の新ブランド『MINEDENIM』について

ご紹介したいと思います。

 

MINEDENIMは、木村拓哉氏をはじめとする数多くの芸能人のスタイリングや、

あらゆるディレクションを手掛けてきた人気スタイリスト野口強氏が、

16AWシーズンよりスタートしたデニムブランド。

 

「従来のデニムブランドの枠や既成概念にとらわれることなく、

スタンダードとイノベーションが共存するブランド。

ヴィンテージにこだわりすぎて、現代人の嗜好にフィットしていないデザインやパターン、

過去の古き良き技術を再現しようとするクラフトマンシップにこだわりすぎて生まれる野暮ったさ。
こうした印象を一切削ぎ落とし、

美しいシルエット、洗練されたディティール、リアルな表情を持ったデニムを提案。」

 

ヴィンテージからモードまで幅広くデニムに触れてきた野口強氏の経験と審美眼によって

これまでのデニムブランドには無い、洗練されたデニムアイテムの数々を展開しています。

 

また、美しいシルエットと履き心地に特に強いこだわりを持っており、

独自に開発したオリジナルの生地を、

デニムの生産地として名高い岡山県で30年以上デニムを縫製してきた実績のある自社工場で、

全て職人の手作業によって色落ちやユーズド、ダメージなどの加工を施すため、

一点一点表情が異なる唯一無二のアイテムに。

 

自分も早速試着してみましたが、重厚感のある見た目とは裏腹に、

美しいスリムフィットのシルエットと、

やわらかでノンストレスな履き心地に魅了されました。

 

どのアイテムも、一目見て「いいデニムだな」と分かるものばかりで、

モード、アメカジ、ストリート、パンク......ジャンルレスに幅広く対応できそうな

空気感は正に野口強氏だからこそ成し得る業。

 

店頭にも早速春夏の新商品が入荷中です。

 

 

 

MINEDENIM  /  2ND TYPE Denim JKT USD U   ¥59,400

 

 

 

MINEDENIM  /  B.Slim 4Pocket USS M   ¥51,840

 

 

 

MINEDENIM  /  B.Slim 4pocket USD M   ¥48,600

 

 

各界のジーニスト達を早くも虜にし、今後の展開にも目が離せないMINEDENIM。

 

是非、店頭にてお試し下さい。

 

 

 

 

 

 

 

RACOStAR
095 822 2198

racostar@plum.plala.or.jp
Instagram(http://instagram.com/racostar_racostar2nd#)

 

UNDERCOVER×VANS 2月11日発売

いつもRACOStAR blogをご愛顧頂き誠にありがとうございます。

 

UNDERCOVER 17AW先行受注会も初日からご好評頂いておりますが、

明日は待ちに待ったこちらが発売です!!

 

UNDERCOVER×VANS ERA temples ¥14,000+TAX

 

VANSを代表するスケシューの一つであり、浅めのシュータンおよび履き口が特徴的なデザイン。

キャンバスのアッパーにはバンドTemplesの楽曲「Shelter Song」の一説をプリント。

ハトメはアッパーのカラーに合わせて塗装。

ネームタグの裏側にはUNDERCOVERのロゴをあしらっています。

履き口はホワイトのスムースレザーを使い、高級感が高まっています。

 

 

UNDERCOVER×VANS  OLDSKOOL FLOWER DOT ¥16,000+TAX

 

VANSを代表するスケシューの一つであり、お馴染みのサイドテープも健在。

キャンバスのアッパーには「スモールフラワー(フラワードット)」をプリント。

クリアなアウトソールにもこの柄が透けて見えています。

サイドテープはスムースレザー、つま先やかかとにはスエードを使うなど細部まで拘った一足。

 

 

是非、週末はRACOStARへお出かけください。

 

皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

RACOStAR
095 822 2198

racostar@plum.plala.or.jp
Instagram(http://instagram.com/racostar_racostar2nd#)

UNDERCOVER 17AW先行受注会

 

いつもRACOStAR blogをご愛顧頂き誠にありがとうございます。

お陰様で17SSコレクションもご好評いただいている
UNDERCOVERですが、早くも明日からは
17AW MEN'Sコレクションの先行受注会となります!


2017AW "BRAIN WASHED GENERATION"
(CLICKして頂くと全LOOKがご覧頂けます。)

<期間>
2/10(金) - 2/13(月)


店頭にて17AWアイテムの画像&LOOKがご覧頂けます。
尚、11日(土)は営業時間を22時まで延長しますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
皆様のご来店お待ち致しております。



RACOStAR
095 822 2198

racostar@plum.plala.or.jp
Instagram(http://instagram.com/racostar_racostar2nd#)

MISTERGENTLEMAN 2017SS

いつもRACOStAR BLOGをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

 

スタッフの牟田です。

 

 

先週末は

N.HOOLYWOOD

BEDWIN

MISTERGENTLEMAN

3ブランドの立ち上げで17SSの新商品で充実し、

徐々に店内が春夏モードになってきました。

 

 

中でも、立ち上げから連日ご好評頂いているMISTERGENTLEMANのアイテム。

 

昨年の、吉井氏が手掛けるファッション・フード・カルチャーをMIXし、

ニュースタンダードを発信するショップ「CITY SHOP」のオープンや、

最近では17AWコレクションの展示会をパリにて先行開催したことで、

なにかとファッション業界で注目を集めているMISTERGENTLEMAN。

 

今シーズンは、これまでの様に明確なシーズンテーマが発表されておらず、

RACOStAR的解釈では、”イギリス人がするアメカジスタイル”というのがテーマ。

 

 

デニムジャケットにチノパン、カモフラ柄、ジャガード柄等といった

アメカジ由来のアイテムやそれらを使ったスタイリング提案ながらも、

デニムにはブリーチやクラッシュ加工、

カモフラ柄は主にイギリス軍で用いられていたUK CAMOを採用したりと、

ベーシックなアメカジアイテムに+αでひとひねりを加え、時にはサイジングで、

どこかUK感漂うスタリングに纏めているのが特徴的です。

 

 

今回は早速、立上げアイテムの中から

いくつかお勧めをご紹介していきたいと思います。

 

MISTERGENTLEMAN  /  ジップアップ パッチド ブルゾン  ¥41,040

 

今シーズンのLOOKの中で一際目立っていた、

フロントに異素材のパッチを施したデザインシリーズ。

 

こちらは、12.5ozのデニムボディに、

オリジナルUKカモ柄のコットンリップストップ生地のパッチを採用した

80’sライクなストリート感が魅力的。

 

シルエットはややゆったりとしたオーバーサイズで、

ラグランスリーブのアワードジャケット仕様になっており、

ストレスフリーな着心地に。

 

ライトアウターとしては勿論、

前を閉めてアウターのインナーにと、

使えるスパンが長いのも嬉しいポイント。

 

パッチ部分のZIP使いやオリジナルのメタルスナップボタン

製品洗い加工によってデニムのあたりをリアルに再現など、

細部のディテールにもブランドの拘りが見られます。

 

 

MISTERGENTLEMAN得意の異素材MIXを採用しながらも、

これまでとは違うアプローチでデザインした、

今な空気感を捉えた新提案のライトアウターです。

 

 

 

 

MISTERGENTLEMAN  /  ジップアップ パッチド シャツ  ¥23,760

 

こちらも先にご紹介したブルゾン同様、

コットンブロード生地を使用したパリっとした張り感のあるシャツに、

ボディの色によって配色の変えられた

ZIP開閉式のパッチデザインがアクセントになった一着。

 

爽やかなピンストライプにポップなイエロー、

シックなネイビーに品のあるベージュをと、

計算された色使いは流石の一言。

 

オーバーサイズシルエットを採用することで、

ブランドらしいクリーンさは保ちながらも、

程よく肩の力の抜けた仕上がりに。

 

また、着丈の長さを活かしてニットやスウェットとのレイヤードや、

タックインでジャケットを羽織った正統派な合わせなど、

一点投入で何通りものスタイリングをお楽しみ頂けます。

 

 

大人な余裕の中に遊び心も加えられた、

これからの季節ヘビロテ間違いなしの頼れるアイテムです。

 

 

 

 

MISTERGENTLEMAN  /  サイドライン ワイドパンツ  ¥23,760

 

ストレッチ入りのチノ地を使用したワイドパンツ。

 

16AWシーズンで当店でも大好評だったラインジャージパンツと

ウールワイドパンツをMIXし、

ライトなチノ素材で春夏仕様にアップデートしたかのような一本。

 

ワイドパンツがトレンドの定番になりつつある中、

ワイドパンツと言えども、ブランドらしくワイド過ぎない

程よいゆるさのストレートパンツといったサイジングが、逆に新鮮で魅力的。

 

ボディの色によって配色の変えられた太めのサイドラインがアクセントになっており、

ベースカラーによって全く異なる雰囲気を演出してくれます。

 

 

ベーシックながらも旬なポイントが押さえられた、

今シーズンお勧めの一本です。

 

 

 

今後の動向にも目が離せないMISTERGENTLEMANが、

得意の異素材MIXやクリーンさを、

これまでとは違ったアプローチで表現した今シーズン。

 

”NEW YOURS"なアイテムの数々を是非取り入れてみられてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

RACOStAR
095 822 2198

racostar@plum.plala.or.jp
Instagram(http://instagram.com/racostar_racostar2nd#)

 

 


 

 

 

 

 

JUNYA WATANABE MAN × Levi's Wネーム

いつもRACOStAR BLOGをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

 

スタッフの牟田です。

 

 

店頭では、UNDERCOVER

COMME des GARCONS JUNYA WATANABEMAN

GANRYU

C.E

4ブランドの立ち上がりで

本格的に2017SSコレクションがスタート致しました。

 

まだ冬の寒さが残る中、お陰様で各ブランド共に

早くも盛り上がりをみせており、

毎度の事ではありますが、スタッフさながらそういったお客様の勢いに

自分自身も奮起させられています。

 

 

さて、立ち上がりから特に勢いのある

UNDERCOVER、JUNYA WATANABE MANですが、

今シーズンも名作と成るであろうアイテムが目白押し。

 

今回は早速、当店でも毎シーズン即完売のブランド定番シリーズ

JUNYA WATANABE MAN × Levi's による

Wネームアイテムをご紹介していきたいと思います。

 

 

COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN

綿デニム×合皮 Levi's  Wネーム  ¥79,920

 

Levi's サードタイプのデニムジャケットをベースに、

袖部分をライダース仕様に切り替えた存在感のある一着。

 

「チンピラ」をコレクションテーマに掲げた今シーズンの象徴とも言える

重厚感のあるレザーの切替が魅力です。

 

レザー部分は敢えて合成皮革を使用し、裏地を張らず、

脇下にはライダースジャケットのベルトホールの様な通気口を施し、

デイリーユースに配慮した春夏仕様。

 

シルエットはややタイトめで、引き続きトレンドとなりそうな

ワイドパンツと合わせたAラインのスタイリングや、

ハードな印象を和らげるリブパンツやトラックパンツとの

スポーツMIXでの組み合わせ、

ベーシックなリジットデニムパンツと合わせてセットアップ、

といった様に、合わせるパンツ次第で変幻自在なスタイリングが可能。

 

 

ディテールはと言うと、

ボディのデニム生地のフロント左胸ポケットにLevi'sタグ、

裏面にはWネームのシンボルである

JUNYAWA WATANABE MANとLevi'sの赤タグを配置、

ライダースの切替部分は、英国のモーターサイクルジャケットによく見られる

肩と肘のパティング仕様などと、

細部に至るまで男心をくすぐる抜かりのない仕上がりに。

 

デニムジャケット人気の先駆けであり、永遠不変のLevi'sの人気モデルを、

男気溢れるライダースジャケットとMIXし、

同ブランドらしい再解釈と技術によって造り上げられた、至極の一着です。

 

 

 

 

COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN

ウールジャガード×綿ローンプリント  Levi's Wネーム  ¥74,520

 

同じくLevi's サードタイプのデニムジャケットのパターンを使用し、

滑らかなウール地のボディと

袖部分がペイズリー柄のコットン地で切り替えられたジャケット。

 

重厚感のあるレザーアイテムと同等にコレクションで目立っていた、

ペイズリー柄や小花柄を装飾した総柄のアイテム。

 

細かなドット柄の様なボディ部分と、

ブルー×ネイビー×ピンクの配色から成るペイズリー柄の袖部分の組み合わせによる

インパクトがありながらも品のある佇まいが魅力の一着。

 

衿裏のステッチワークや、アームに異素材のエルボーパッチを施すなど、

随所に同ブランドらしさが反映されています。

 

そしてこちらのアイテムは、JUNYA MANの十八番とも言える

裏返しでの着用も可能なリバーシブル仕様になっており、

ネイビー一色のボディに太めのステッチワークが織りなす様が、

表面とは違った表情に見せてくれます。

ライトな着心地を生かして

LOOKのように袖をロールアップしても様になるので、

使えるスパンが長いというのも嬉しいポイント。

 

チンピラルックを品のある華やかさで表現し、

JUNYA MAN流に仕上げられた新感覚のデニムジャケットです。

 

 

 

毎シーズン、ブランドの定番アイテムとしてリリースされるLevi's  Wネーム。

 

しかしそれらはシーズン毎のテーマが色濃く反映され、

同じデザインのアイテムがまたと出る事はありません。

 

だからこそ、格好良いと思えるものは逃さず押さえて頂けたらと思います。

 

是非、今春のメインアウターに取り入れてみられて下さい。

 

 

 

 

RACOStAR
095 822 2198

racostar@plum.plala.or.jp
Instagram(http://instagram.com/racostar_racostar2nd#)

 

 

 

 

 

 

UNDERCOVER / JUNYA WATANABE MAN 2017SS START

いつもRACOStAR BLOGをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

 

スタッフの牟田です。

 

 

お待たせしました!

 

いよいよ明日は、

UNDERCOVER

COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN

2017SS コレクションが立ち上げとなります。

 

 

[UNDERCOVER]

 

「INPROVISATION CONCEPTS」と題された今シーズン。

 

日常に着用するシンプルなアイテムや、ミリタリーウェアをベースに、

即興(INPROVISATION)で、ワッペンやグラフィックを施す事により、

アンダーカバーらしいツイストの効いたベーシックウェアに仕上げています。

 

程よく肩の力を抜いたものや、

ミリタリー要素を持ったアイテムの数々が今シーズンスタイルの特徴です。

 

 

その中でも、先行受注会でもご好評だったこちら。

コレクションで特に存在感を放っていた、

デザイナーの高橋盾氏が国旗をイメージして生んだという

スカルやユニコーンのプリントが大胆に落とし込まれたシリーズ。

 

「エレガントパンク」と世界的に評されるブランドならではの、

上品さと毒気を兼ね備えたグラフィック。

 

店頭には、ビックTやプリントTが入荷致しますので、是非お見逃しなく。

 

 

 

 

[COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN]

 

今シーズンのテーマはずばり「チンピラ」。

 

 

ドナウ河岸に暮らすジプシーを描いた、

エミール・クストリッツァ(Emir Kusturica)監督による

1998年の映画「黒猫・白猫」の登場人物がイメージソースとなっています。

 

 

男らしさ全開のレザーアイテムや、

ブランドの得意とするジャケットをベースに、

男心をくすぐるアイテムを展開。

 

また、服やアクセサリーのみならず

ランウェイを闊歩するモデルの顔や手足にタトゥーペイントが施されていたり、

時にはアイテムそのものに模様やグラフィックを表現していたりと、

近年パリコレクションでも急浸透しているタトゥーを、

メンズファッションの新しい基軸として解釈したかのようなスタイリングが印象的。

 

 

中でも目を惹くのは、ブランド定番のLevi'sコラボアイテム。

 

店頭にはこの2型が入荷致します。

Levi's サードタイプのデニムジャケットをベースに、

ライダースジャケットとのMIXやペイズリー柄の切替といった、

シーズンの象徴とも言えるアイテム。

 

1点投入で様になりながらも、馴染むのあるデニムアイテムは

17SSのメインアウターとしてお勧めです。

 

 

 

ご紹介してきたアイテム以外にも

UNDERCOVERからは新提案のベストや得意の小物、

JUNYA MANからはアイコンとも言えるシャツやデニムパンツ等

充実したラインナップが揃います。

 

是非、週末はRACOStARへお越しください。

 

 

 

 

 

 

RACOStAR
095 822 2198

racostar@plum.plala.or.jp
Instagram(http://instagram.com/racostar_racostar2nd#)

 

 

 

GANRYU 2017SS START

いつもRACOStAR BLOGをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

 

スタッフの牟田です。

 

 

皆様、年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか。

 

当店にも、日ごろからご愛顧頂いている方々や、

帰省されている方々、沢山のお客様にご来店頂きました。

 

何時もありがとうございます。

 

 

さて、NEW YEAR SALEも盛り上がりを見せている最中、

店頭で一足早く17SSが立ち上がったGANRYU。

 

今シーズンでラストコレクションということも相成って、

入荷から大変ご好評頂いています。

 

第一弾の入荷は、コレクションでも注目を集めていた

色彩豊かなカラーアイテムや、ブランドの得意とするデニム生地を用いたアイテムの数々。

 

今回は、中でも「GANRYUの代名詞」とも言える定番アイテムを

ご紹介していきたいと思います。

 

 

GANRYU  /  エステルコットンポプリンロングコーチジャケット  ¥37,800

 

生地の違いや、時にはテーラードジャケットやライダースとのMIXで、

ほぼ毎シーズンの様にブランドからリリースされており、

GANRYUのアウターを語る上で必要不可欠な存在となったコーチジャケット。

 

今シーズンはコットンポリエステル生地を使用したロング仕様でリリース。

 

旬なビビットカラーが目を惹く

このコーチジャケットの最大の魅力は、着用時のシルエット。

 

フロントから見た際の、ステンカラーコートを羽織っているかのような

クリーンな佇まいに対し、サイドから見たシルエットは

バックに施された大きめのタックにより

Aラインにふんわりと広がるゆるやかな仕上がりに。

 

裾にはドローコードを配置することでボリューム調節が可能。

 

裏地にポリエステル生地を使用したりと、

ミニマルなデザインながら細部に至るまで拘りが見られます。

 

 

この手のライトアウターは使えるスパンが長く、

メインアウターとしては勿論の事、

ジャケットやブルゾンとのレイヤードを楽しめるのも嬉しいポイント。

 

 

スポーティーな定番のコーチジャケットを、

ブランドらしいアプローチで大人な空気感が加えられた

新感覚の一着です。

 

 

 

 

 

 

GANRYU  /  綿セルビッジデニムサルエルパンツ(INDIGO)  ¥30,240

 

GANRYUの名を一躍有名にさせた、

ブランド開始当初から毎シーズンリリースされているデニムサルエルパンツ。

 

一目見てGANRYUのアイテムだと分かるほど認知度が高く、

根強く定評のある「GANRYUと言えば」なアイテムです。

 

通常のサルエルパンツとの違いは、

レングスの内側のみをサルエル仕様に切り替えているため

外側はストレートシルエットにっており、

デザインアイテムながらも男らしさを保っている

独特のシルエットが人気の秘訣。

 

毎シーズン微調整が加えられており、

今シーズンは16AWより導入されたウエスト内側にベルトループ、

ウエスト両サイドにアジャスターを付属した仕様に。

 

16AWではアジャスターの色がカーキ一色で統一されていましたが、

今季はボディカラーと同系色の色がそれぞれ採用されています。

 

また、今シーズンのものは

従来のものより若干デニム地の張りが強く、

膝下からのストレートラインの幅がやや細身になっているため、

脚線がより美しく仕上げられています。

 

正に、ブランドの集大成とも言える一本ですので

是非とも1本は押さえておいて頂きたいアイテムです。

 

 

 

様々な思考錯誤を経て進化を遂げながら完成した

GANRYUの代名詞的アイテム達。

 

是非お見逃しございませんようお早目にご覧ください。

 

 

 

 

 

 

RACOStAR
095 822 2198

racostar@plum.plala.or.jp
Instagram(http://instagram.com/racostar_racostar2nd#)

 

 

 

 

 

 

2017年も宜しくお願い致します。

 

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

 

今年も皆様の変わらぬご愛顧を頂けます様

ファッションを通して沢山の楽しいをご提案できればと思っております。

 

2017年もRACOStAR・RACOStAR 2nd共に宜しくお願い致します。

 

 

新年は2日からの営業でしたが

初日から沢山のお客様にご来店頂きまして誠にありがとうございます。

 

ご好評頂いております「NEW YEAR SALE」が、

本日よりONLINE SHOPでもスタートとなります!

 

 

こちらも是非ご覧になられて下さい。

 

今週末も皆様のご来店をお待ちしています。

 

 

 

 

RACOStAR
095 822 2198

racostar@plum.plala.or.jp
Instagram(http://instagram.com/racostar_racostar2nd#)

 

 

 

 

2016年もお世話になりました。

 

いつもRACOStAR BLOGをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

 

本日、2016年の営業を無事に終える事が出来ました。

 

これも一重に日頃からご愛顧頂いております皆様のお陰です。

 

来年もRACOStAR・RACOStAR 2nd共に、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

さて堅苦しいご挨拶はこの辺にして

気になる「NEW YEAR SALE」のお知らせです!

 

 

2017年は両店舗共に1月2日、10時よりOPENとなります。

 

NEW YEAR SALEは人気のあのブランドも MAX70%OFF

大変お得な内容となってますので、是非お越しください!

 

スタッフ一同、皆様に新年のご挨拶ができるのを楽しみにしております。

 

それでは良いお年をお迎えください!

 

 

 

RACOStAR
095 822 2198

racostar@plum.plala.or.jp
Instagram(http://instagram.com/racostar_racostar2nd#)

 

 

RECOMMEND HEAVY OUTER vol.3 / PEEL&LIFT×LUKER / N.HOOLYWOOD

いつもRACOStAR BLOGをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

 

スタッフの牟田です。

 

 

前回の投稿でご紹介したMA-1のようなミリタリーアイテムは、

今年もトレンドアイテムとして欠かせないアイテムであり、

ただいま店頭でも根強い人気があります。

 

そこで今回も引き続き、ミリタリー要素が加えられた

お勧めのアウターをご紹介していきたいと思います。

 

 

まずは、2016SSよりブランド名を刷新しリスタートした

NEIGHBORHOODのブリティッシュラインである

『LUKER』とのジョイントワークが、

今シーズンもご好評頂いているPEEL & LIFTよりご紹介。

 

 

PEEL&LIFT × LUKER  /  MA-1/N-JKT   ¥63,720

 

PEEL & LIFTオリジナルORGYプリントを施したレザーを

左袖裏に施したデザインがインパクト絶大なMA-1ジャケット。

 

通常のMA-1よりもボリュームを抑えたやや細身のシルエットながら、

中綿にはシンサレートを内蔵しているため保温性の高さや、

軽量でストレスフリーなのも魅力的。

 

バックには、主にイギリスで活動をし、

マルクス主義を唱えたことで知られる思想家・革命家の

カール・マルクスの肖像画をジャガード織りで表現した

特大パッチを配置するなど

惜しみなく両ブランドのテイストが組み込まれた贅沢な仕上がりに。

 

またMA-1でもブラックというのも今回のポイントなんです。

 

各方面のファッション業界者が今もなお影響を受け、

80年代イギリスのファッション界に衝撃を与えたクリエイティブ集団「BUFFALO」の

中心人物であるレイ・ペトリ。

 

彼のファッションアイコンが黒のMA-1だったというのも

なんだか男心が擽られます。

 

旬なMA-1ジャケットに、

他に無いデザインや機能性を加えることで仕上がった、

正に周りと差のつく一着です。

 

 

 

 

 

次は、モードな佇まいとシンプルながらも

ブランドらしい機能美の反映されたアイテムが

毎シーズンご好評頂いているN.HOOLYWOODよりご紹介です。

 

N.HOOLYWOOD  /  HAPPY JACKET  /  ¥58,320

 

US軍で採用されている、過酷な気象条件の中でも

適切な体温を維持するための衣料システムの中に、

レベル1〜7まで設定された服を、配属される環境に合わせてレイヤーする事により

体温調節を計るという管理システムがあり、

その中でも最上レイヤーであるレベル7のアイテムをベースに、

N.HOOLYWOOD EXCHANGE SERVICEラインよりリリースされた

マットな質感のナイロン×ポリエステル生地を使用したジップアップブルゾン。

 

初期生産ロットのジャケット、パンツ、フードのラベルに、

スマイルマークが印刷されていたことから米国内で「Happy Suits」

と呼ばれるようになった事が名前の由来なのだそう。

 

表地はマットな質感のナイロンポリ生地を採用し、
中綿にはダウンの数倍の保温力と防水性、

通気性を兼ね備えたPrimaLoft(プリマロフト)

が使用されているため、内容量を絞った

細身のアーバンなシルエットも魅力です。

 


また、ドローコード付きの収納式フードの付属や

 

同ブランドオリジナルでの保温効果がある

裏起毛のメッシュを採用した大容量の内ポケットを装備、

 

肘部分は、ナイロン素材の2重補強、
背面部分にオリジナルのミルスペックを配置するなど、

忠実にオリジナルのHAPPY JACKETのディテールを再現しつつも、

細部に至るまでブランド独自のこだわりが反映されています。

 

 

ミリタリーウェアの中でも特に防寒性に優れたアイテムに着目し、

同ブランドらしいギミックを加えて

タウンユース仕様にアップデートされた頼れる一着です。

 

 

 

 

ご紹介してきたアウターの中から、

PEEL&LIFT × LUKER   MA-1/N-JKT

を使ったスタイリングを最後にご紹介します。

 

【LEFT】
PEEL & LIFT × LUKER  /  MA-1/N-JKT  /  ¥63,720
MR.GENTLEMAN  /  ラインジップアップロングジャージー  /  ¥27,000
N.HOOLYWOOD  /  ポリタックパンツ  /  ¥25,920
KIDS LOVE GAITE JHON MOORE  /  RUBBER COMBAT BOOTS  /  ¥17,280

 

旬なミリタリーとスポーティーなアイテムを合わせた

MIX感のあるスタイリング。

 

両者とも相性の良いキレイめなスラックスを合わせることで、

尖りながらも大人な落ち着きのある雰囲気に昇華。

 

ショート丈のMA-1の裾から見えるロングジャージのラインも

レイヤードでスタイリングにメリハリをつけつつ、

旬な雰囲気を演出してくれるポイントになっています。

 

 

【RIGHT】
PEEL & LIFT × LUKER  /  MA-1/N-JKT  /  ¥63,720
GANRYU  /  モヘアニット  /  ¥46,640
BEDWIN  /  9/L DICKIES TC PANTS "JESSEE"  /  ¥19,980
              /  WATCH CAP "ROBERT"  /  ¥6,480
KIDS LOVE GAITE JOHN MOORE  /  RUBBER COMBAT BOOTS  /  ¥17,280

 

パンクテイストのデザインが施されたMA-1ジャケットに、

パンクの代名詞の一つでもあるモヘアニットを合わせたスタイリング。

 

正統派な上半身の組み合わせには、

BEDWIN×Dickiesのチノパンやニットキャップを加えることで、

よりデイリーユース仕様に。

 

足元のJOHN MOORE コンバットブーツで

より全体に説得力を加えてみました。

 

 

 

ヘビーアウターの不安要素を払拭し、

機能性に特化した現代的アーバンミリタリー。

 

是非一度、お試しになられてみて下さい。

 

 

 

 

RACOStAR
095 822 2198

racostar@plum.plala.or.jp
Instagram(http://instagram.com/racostar_racostar2nd#)